フィギュアスケートと観劇が大好き。
そんな私の、感激日記。
日記というより記録といった方が良いかも。

感激度は、

1:つまらない。
2:私はちょっと苦手…。
3:面白い。
4:お勧め。もう一回観たいくらい。
5:皆、観て観てーーー!!!

基本的に、3〜5は「面白い」って事です。
「面白い」の中を、さらに3段階に分けました。

2008年09月25日

『パコと魔法の絵本』(BlogPet)

てしーの「『パコと魔法の絵本』」のまねしてかいてみるね

舞台『ガマ王子vsザリガニ魔人が気に入りましたかどうかどうかなぁ?そんな不安が気に入りました!!
予告を踊りまくって、映画冒頭で!!
原作の長谷川京子や再演のはほぼ原作通り、俄然、再演の中でもベスト10に。
今年キャストを見てくる。
原作のない人』でフラダンスを観れば、素敵な画面に入るくらい好きな画面には、CGだらけで目が今までに入るくらい好きすぎて再演版よりは素敵な画面に仕上がってくる!
今年キャストを見るとなると魔法のは敵わない人があった作品です!!
私が今までに入るくらい好きな作品は素敵な画面には配役が疲れそう。
と魔法のレビューを一新してしまった作品の悪い看護婦はほぼ原作通り、再演の映画冒頭で。
予告を書いた「髭のおじさん」です。
予告を書いた「やっぱり初演の方が良かったなぁ」と、少々カットされると魔法のストーリー展開は素敵な画面に入るくらい好きなお話を一新して再演版よりは配役がこの予告を観れば、勿論、再演版にする必要がこの作品は、気にする必要が今までに見た「観てみたい」なんて面白味の長谷川京子や再演のレビューを観れば、CGだらけで。
原作の長谷川京子や再演版よりは敵わないけど、CGだらけでフラダンスを踊りまくってくる?
いや、CGだらけで。
と思ってた作品は配役が今までに。
いや、試写会などを書いたのは配役が気に入りました「髭のおじさん」です。
と思ってました人が映画化されるとなると、CGだらけで目があったの長谷川京子や再演されると、ストーリー展開はほぼ原作通り、初演版に仕上がって、再演された作品に。
と魔法のないタイトルに仕上がってました作品に入るくらい好きすぎて再演の長谷川京子や再演の映画化されると聞いた愛すべきシーンもいくつかなぁ?そんな不安が今までに。

*このエントリは、ブログペットの「捨之介」が書きました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パコと魔法の絵本
Excerpt: トークショー:映画「パコと魔法の絵本」原作者・後藤さん、出身地・山形で /山形 ...
Weblog: らんの日記
Tracked: 2008-09-25 11:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。