フィギュアスケートと観劇が大好き。
そんな私の、感激日記。
日記というより記録といった方が良いかも。

感激度は、

1:つまらない。
2:私はちょっと苦手…。
3:面白い。
4:お勧め。もう一回観たいくらい。
5:皆、観て観てーーー!!!

基本的に、3〜5は「面白い」って事です。
「面白い」の中を、さらに3段階に分けました。

2010年04月04日

『DIAMOND ICE』

世界選手権や世界ジュニア、四大陸選手権などに出場した選手&海外スケーターによるエキシビション。

世界選手権から戻ってきたばかり、とりわけ、金メダルを取った高橋&浅田の二人は、テレビ出演やら挨拶回りなどで多忙な日々を送っていて、きっと、エキシビションはボロボロだろうな〜、と思っていたら、皆、凄い!

全体を通して、こんなに出来の良いエキシビションが揃うのは稀なんじゃなかろうか。
私の記憶では、鈴木明子ちゃんと真央ちゃんが、シングルになったジャンプがそれぞれ1回ずつあったくらい。
オープニングやフィナーレでは失敗する子もいたけど、それぞれのプログラムの中では皆、しっかり着地してました。
あ〜ん。
これをノーカットで放送して欲しいよぉ〜。
関西地区で1時間のみの放送だなんて…。
どうせ、観たいところに限って、放送されないんだろうな。

マッチ(町田樹)のノーミスの『HAPPY FEET』とか、ゆづ(羽生結弦)の新ナンバーとか、フィナーレでの高橋&小塚ペアとか。
フィナーレでは、高橋、織田、小塚の3人が一緒に出てきたのだけど、織田君だけ違う方向で、高橋&小塚が同じ方向に滑っていって、二人でトリプルフリップ(多分)〜スピンという流れだったのだけど、この二人の動きが揃っていて、中々見事だったのです。

織田君も、世界選手権でSP28位だったのが信じられないくらい、良い出来でした。
こんな演技が出来る子が、どうして3つのジャンプ全てがシングルになってしまったのか、謎は深まります。

仕事が忙しいから、日曜日帰りでの大阪行きだったけど、すっごく楽しかった!
行って良かった。
posted by てしー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック