フィギュアスケートと観劇が大好き。
そんな私の、感激日記。
日記というより記録といった方が良いかも。

感激度は、

1:つまらない。
2:私はちょっと苦手…。
3:面白い。
4:お勧め。もう一回観たいくらい。
5:皆、観て観てーーー!!!

基本的に、3〜5は「面白い」って事です。
「面白い」の中を、さらに3段階に分けました。

2010年05月29日

第38回関東学生フリースケーティング選手権

東大和市スケートセンターで行われた『第38回関東学生フリースケーティング選手権』なるものを観てきました。
と言っても、私が観たのは、男子7&8級クラスのみ。

中村健人君と、佐々木彰生君が目当てだったのだけど、健人君は棄権。
会場には居たようなんですけどね。

彰生君は、ウォームアップでは、片手をあげたルッツも、サルコウもループもフリップも、全部綺麗に跳んでたけど、本番では…ルッツ×2、サルコウ、フリップで転倒。
ループは、多分回転不足の両足着地。
ダブルアクセルも怪しかったかな。
まともに降りたのはトゥループだけだったけど、コンビネーションは入らなかったような…。

ミッキー・マーチなど、クラシックのディズニーアレンジ?で、楽しいプログラムだっただけに、残念無念。
2回の転倒までは「しょうがないな」と思えるけど、4回は多すぎ。(T_T)
ミッキーマウスをイメージした可愛い衣装で、特に手袋が可愛い。(*^^*)
このプログラムをノーミスで見られる日が来ますように。

会場では点数の読み上げなどは行われないので、結果は不明。
勿論、結果はどこかに張り出されるのだろうけど、男子の演技が終わった時点で帰っちゃったし、公式HPにもまだアップされてないしな〜。

でも、多分、1位は近藤琢哉君でしょう。
後半、ちょっとバテてきたのか、ダブったり、スピンが止まりそうだったりしてたけど、全体的には良い演技でした。
最終滑走の土生浩貴君も良い踊りを見せてくれました。

それにしても、やっぱり寒いわ〜。
久々に息が白くなりました。
今日は外も寒くて、温度差が小さかったのは、助かりました。

【追記】
どうやら、彰生君の最初のジャンプは、トリプルアクセルだったようです。
彼がトリプルを跳ぶとは考えてなかったので、ダブルの失敗ジャンプかと思っちゃいました。
でも、アクセルの前に、試合の中で5種類完璧に跳べるようになって欲しいなぁ。
ミッキー、ノーミスで観たいよう。
posted by てしー at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック