フィギュアスケートと観劇が大好き。
そんな私の、感激日記。
日記というより記録といった方が良いかも。

感激度は、

1:つまらない。
2:私はちょっと苦手…。
3:面白い。
4:お勧め。もう一回観たいくらい。
5:皆、観て観てーーー!!!

基本的に、3〜5は「面白い」って事です。
「面白い」の中を、さらに3段階に分けました。

2014年02月18日

『アナと雪の女王』

試写で見せてもらいました。
雪と氷の世界は大好きだし、前作の『ラプンツェル』はかなり気に入ってたしで、すっごく楽しみにしてた作品です。
前半はとても楽しく、時に切なく、期待通りに進んでたのですが、後半の展開が私好みではなく、すごく悔しいです。
一応、ハッピーエンドなんだけど、私が好きなハッピーエンドじゃない!

以下は、ネタバレありです。



-------------------
何が悔しいって、どうしてハンスを悪役にしたんだよう〜。(ToT)
Wヒロイン+カッコ良い男の子が二人出てきたら、「どっちがどっちとくっつくのかな?」って思うでしょう?普通に。
だから、当然、どっちも良い子だと思うし、実際、途中まではどちらも完璧に良い子だった。
でも、アナに魔法が掛かってしまって、「真実の愛だけが彼女を助ける」と言われ、婚約者であるハンスの元に行ったのに、「実は国を奪うために近づいたんだ」なんて裏切りの言葉を聞かされるなんて。
多分、もう一人の男の子、クリストフの方とアナがくっつくんだろうな、とは思ったけど、だからと言って、ハンスを悪役にしなくたって良いじゃん!(>_<)

例えば、アナを救うためにハンスがキスしたけど、それでも魔法は解けず、「君が本当に愛してるのは僕じゃない。」って気づいて身を引く、とかさ。
その方が、哀しいけど美しいじゃないか。

だって、そこまでのハンスは、急に雪に閉ざされた国民のために衣類や食事を提供したり、アナを救うために北山に登って行ったり、魔力を制御できずに危うく人を殺しそうになったエルサを「モンスターになるな!」と押しとどめて、「人を殺させたくない」と言ってくれたり、ホントに良い人だったんだよ。
だから、アナがクリストフと結ばれても、ハンスとエルサが惹かれあったって違和感が無いし、そうしたら二組の素敵なカップルの出来上がりじゃん。
逆に、アナとハンスが結ばれて、「俺は氷を愛してる!」と言い放ったクリストフがエルサを好きになっても良し!
いずれにしても、アナに「お姉さまも、会ったばかりの人と結婚するのね」とからかわれて、めでたしめでたし。

とにかく、前半のアナとハンスのデュエットなんて、ラブラブだったのに、あれが偽りの姿だと思うと、見返した時、すごく悲しい気持ちになると思う。
これで、ハンスが高い所から落ちて死んだら、どうしてくれよう、と思ったけど、さすがにそこまではしなかった。
でも、ハンスを悪役にしちゃったディズニーの脚本陣を恨むわ〜。
どーして二組の幸せなカップルを作ってくれなかったのさ。
悪役のいないファンタジーで良いじゃん。

アカデミー賞には、『モンスターズ・ユニバーシティ』じゃなく、『アナと雪の女王』の方がノミネートされてるけど、これなら『MU』の方がずっと良い。

それに、エルサがどうしてあんな魔法使いになってしまったのか、謎のままだったわ。
その辺の謎、クリストフが解き明かしてくれるかと思ったのにな。

ああ、もう、悔しい。
ディズニーさん、作り直してくれないかなぁ。
posted by てしー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。