フィギュアスケートと観劇が大好き。
そんな私の、感激日記。
日記というより記録といった方が良いかも。

感激度は、

1:つまらない。
2:私はちょっと苦手…。
3:面白い。
4:お勧め。もう一回観たいくらい。
5:皆、観て観てーーー!!!

基本的に、3〜5は「面白い」って事です。
「面白い」の中を、さらに3段階に分けました。

2007年04月24日

『写楽考』

シアターコクーンにて、『写楽考』観劇。

主なキャスト:堤真一、長塚圭史、高橋克実、キムラ緑子、七瀬なつみ、西岡コ馬
主なスタッフ:作・演出・鈴木秀勝


冒頭は、奏でられる笛の音が、暗雲立ち込める風の音にも感じられ、その昔NHKで放送されていた時代物の人形劇が思い出されました。
チラシを見たイメージだと、ちょっと難しそうでハードな内容かと思ったけど、歌舞伎の世話物を現代風にしたような感じで、案外気楽に観られて面白かった。

滑稽さと悲惨さ。
その言葉は劇中にも出てきたけど、江戸を生きる人々の強かさが垣間見えて、時々ニヤリとさせられる事も。

ただ、ラストのほのぼの風景は蛇足だったかなぁ。
その前の、縛り首の宙吊りも何だかなぁ。

キャストは概ね良かったのだけど、七瀬なつみだけは、世界観が違ったみたい。(下手なわけじゃないんだけど)

もうちょっとで「4」だったんだけどな、の
評価:3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キムラ緑子
Excerpt: 写楽考 堤真一、“ ミニッツ " 役者仲良くしてもらってる女優さん、キムラ緑子さん出演の舞台。共演に、堤真一さん ・ 高橋克実さん ・ 長塚圭史さん ・ 七瀬なつみさん ・ 西岡馬さん 。 ..
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-04-28 03:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。