フィギュアスケートと観劇が大好き。
そんな私の、感激日記。
日記というより記録といった方が良いかも。

感激度は、

1:つまらない。
2:私はちょっと苦手…。
3:面白い。
4:お勧め。もう一回観たいくらい。
5:皆、観て観てーーー!!!

基本的に、3〜5は「面白い」って事です。
「面白い」の中を、さらに3段階に分けました。

2015年10月04日

『バクマン』

原作は、電書で1巻が無料だった時に読んだ程度なので、特にキャラクターに思い入れはない。
キャストが発表になった時に、「逆では?」という声が出てたようだけど、多分、これで良かったんじゃないかと思われます。
高校生の男子二人(サイコーとシュージン)が漫画家を目指す。
しかも少年ジャンプでの1位を。
という話。
http://bakuman-movie.com/
―――
面白かったー。
以降、ネタバレあり。


初めて漫画を描き始めてからとんとん拍子で進むのは、上手く行きすぎ…とは思うものの、十分面白い展開だったから、その点は気になりませんでした。
ただ、読者目線が全くなかったのが、読者目線でしか物語に関われない私としてはちょっと不満。
劇中でも、アンケート至上主義について語る場面があったけど、ライバルの漫画家との勝負も結局はアンケートでどちらが先に1位を取るかだし。
連載開始当初は上位だったけど、だんだん順位が落ちてきたあたり、読者がその漫画に対してどう思ってるか、アンケートになんと書かれてるか、主人公たちが全く気にしてないのが気になった。
自分たちが面白いと思って書いてるから、気になるのは順位だけで、感想は気にならないのかな?
そんな事は無いだろう。
起死回生での新キャラの登場。
読者が喜んで漫画を読んでるシーンこそ描かれてたけど、それだけ。

終盤、サイコーが体を壊して、折角の巻頭カラーも、原稿の完成前に入院。
巻頭カラーはライバルの漫画家が描くことになる。
さらに、将来を約束したヒロインとの別れ。
「俺の博打に付き合ってくれ」と病院を抜け出して、原稿を仕上げるサイコー。
その熱意に、シュージンや漫画家仲間、編集も一丸となる。
その巻頭カラーでアンケート1位をもぎ取ったのがピークで、あとは下り坂。
連載も終わってしまう。

でも、「博打」というからには、何か大逆転があるかと思ったのに、単に、落ちるはずだった原稿を仕上げただけで、それは、病気になってなければ普通に間に合ったはずで、病気になった事や、ヒロインとの別れを原動力にした何かで新たな殻を破るのかと思ってました。
違うのか…。
なんだ…。

結局、連載が始まって終わるまで、読者がその漫画に対してどう思ってたのかは全く描かれなかったのが、時間が経てば経つほど気になってしまった。
主人公二人や漫画家仲間は面白かったけど、この劇中では新人しか連載してないのか?ってくらい、現在連載中の大御所の漫画家は出てこなかったなぁ。
架空の大御所であってもいいから出せばよかったのに。

エンドクレジットは面白かった。
ここに名前が載るスタッフが羨ましい。
これはじっくり見てみたい。
パンフになら載ってるみたいだけど、最近のパンフは高いからな〜。

あと、新井浩文が演じてた漫画家が描いてたラッコのサラリーマンの漫画、これ、読んでみたいな〜。
posted by てしー at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック