フィギュアスケートと観劇が大好き。
そんな私の、感激日記。
日記というより記録といった方が良いかも。

感激度は、

1:つまらない。
2:私はちょっと苦手…。
3:面白い。
4:お勧め。もう一回観たいくらい。
5:皆、観て観てーーー!!!

基本的に、3〜5は「面白い」って事です。
「面白い」の中を、さらに3段階に分けました。

2012年10月12日

フランス版ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

シアターオーブにて、フランス版『ロミオ&ジュリエット』観劇。

この作品は、まず、海外のフィギュアスケート選手が使ってた事で知りました。
その後、ウィーンキャストのコンサートなどでも聴くようになり、カッコ良い曲だな、と思ってCDを購入。
そして、宝塚星組版、雪組版、城田優や山崎育三郎などによるActシアター版、宝塚月組版と観ました。
その間に、友人から借りたフランス版のDVDも。

というわけで、作品自体は知ってるけど、生で観るのは初めてのフランス版来日公演。
知ってるはずの作品なのに、色々と違うところがあって、衝撃でした。
衝撃っていうと大袈裟だけど、「ええっ!?違うの?」って驚いたところが結構ありました。

元々、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』なので、大きな違いはありませんが、設定が色々と、ね。


★宝塚版ではジュリエット母が、Act版では乳母が歌う「愛してなければ裏切られても傷つかない」と、恋愛と結婚は別という歌が無かった。DVDにはあったので、カットされちゃったのかな。

★Act版では、ジュリエットは母と愛人の間の子で、その事を父親も知っている、という設定でビックリさせられました。宝塚版では、愛のない夫婦ではあったけど、普通に両親の子だったので。
フランス版ではどうかというのが気になるところでしたが、母は「愛人を作って、生まれたのがあなた(ジュリエット)」と歌ってたが、2幕目のジュリエット父のソロでは、娘への愛を歌ってただけなので、どうやら父親は実の娘だと思ってるようだ。衝撃!
フランス語は全くわからないので、DVD版がどうなのかは不明。
ちなみに私が観た回、この父のソロ部分の途中で伴奏の音が消え、アカペラ状態。
一旦、舞台進行を止めるかと思ったが、そのまま続行。
途中から音が出るようになったが、上手くずれずに合って感心。
でも、生オケならマイクトラブルがあっても、少しは音が聞こえただろうから、録音の伴奏って哀しいな。

★仮面舞踏会にロミオが紛れ込んでるのを進言したティボルトに対して、ジュリエット父が「モンタギューは敵だが、ロミオに恨みはない。放っておけ」というのが衝撃!
父ちゃん、大人じゃん!
そして、そのティボルトは、宝塚&Actでは、男子のいないキャピュレット家の跡継ぎであり、ジュリエット母とは男女の関係にあったようなのに、そういう設定は無かった。ただ、従妹のジュリエットに片思い中の居候だった。

★仮面舞踏会で出会ったロミオとジュリエットのキスシーンが長い。
どれだけ長いかというと、その後のティボルトのソロナンバーの間中、ずっと口をつけたまま。
それも、ちゅっちゅしてるんじゃなくて、時が止まったように固まってる。
ティボルトに突き飛ばされても動かない。
思わず笑っちゃった。
DVDでもそうだったかな?と見返してみたけど、全然違った。
セットだけじゃなくて、ずいぶん、オリジナルと演出が変ってきてるんですね。
新曲もあったみたいだし。

★宝塚&Act版では、ジュリエットが目覚めた時、隣に横たわってるロミオを見て、計画通りロミオが迎えに来てくれて待ち疲れて眠ってるのだと思い、最初はこれからの二人の幸せを夢見て歌うのが可愛くて、それでいて哀しかったが、今回は目覚めた瞬間にロミオの死に気づいてびっくり。
そのため、同じ歌でも、ロミオの死を知ってる上での歌となっていた。衝撃!
DVDを見返したら、これは同じだった。
この点に関しては、宝塚&Act版のように、最初は気づいてない方が切なくて良いなぁ。


この日、私は最前列ほぼセンターでの観劇でした。
字幕を読みたいから、来日公演ではもっと後ろの席が良かったのだけど、ホリプロの先行予約で取ったらこうなっちゃいました。
案の定、舞台を観ると字幕が読めない。
ストーリーはわかってるから字幕を諦めても良いのだけど、前述のジュリエットの実の父問題などは、どうなってるのか知りたかったから、やっぱり字幕は読みたい。
キャストが目の前にいるのに、横を向くのはちょっと申し訳なかったです。
それに、照明が明るすぎて逆行でキャストが見えづらかったり。

ところで、ロミオの衣装が何となく貧弱だったのが残念でした。
ロミオ役の人の体型にも寄るのかもしれないけど、ベンヴォーリオなどは肩幅もしっかりあって、ロングコードで腰も高くカッコ良かったけど、ロミオはそれに比べると細身で頼りなく、コートの長さは中途半端だし、何だかなぁ。

そんなわけで、この『ロミオ&ジュリエット』、演出&衣装は宝塚版、キャストはAct版(特に、山育CD版キャスト)ってのが私好みかな。
いや、ひょっとしたら、観たことないけど…ウィーン版キャストの『ロミジュリ』が一番好みかも知れない。
観たいが、やってないしDVDもないのが残念無念。
posted by てしー at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

ウィーン・ミュージカルコンサート

堪能して参りました。\*^o^*/

ただ、『闇が広がる』は、今回、日本語では全く歌ってくれませんでした。(/ ;)
前回の来日公演の千秋楽のアンコールや、ルカスのコンサートなどでは必ずと言っていいほどサビの部分は日本語だったのに。

お陰で、物足りなさも少々。
いや、物足りないと言ったら申し訳ない。
コンサート自体は十分楽しめたのだけど、ルキーニ役者がいないから『ミルク』や『キッチュ』が無いのが淋しいとかいう類の贅沢な悩みなのです。

ルカスが歌う『影を逃れて』@モーツァルトなどが聴けて、大満足ではあるのだけど、良い歌手が揃ってるだけに、もっともっと…となってしまいます。

そして『闇が広がる』です。
『愛と死の輪舞』ですら、全部日本語で歌ったのに、何故今回は『闇が広がる』は歌わなかったのだろう?
ひょっとして、千秋楽のお楽しみか?
…じゃあ…やっぱり千秋楽も観に来ちゃおうかしら。
幸い、仕事は休みだし、その日、何の予定も無さそうだし…。

しかも、今回の公演のチケットは余ってるらしく、大阪の某プレイガイドでは、S席が3000円という破格の値段!!
帰りに友人に教えて貰ってそのプレイガイドに行ったら、まだ千秋楽のチケットが残ってました。
そして、3000円で購入。
2階席だけどね。

というわけで、日曜まで立て続けにコンサートに通うくせに、水曜日にもまた日帰りで大阪に行く事にしちゃいました。

1:30開演なので、往復とも「ぷらっとこだま」が使える。
まだ席残ってるかな?
明日、JTBに行ってみようっと。
posted by てしー at 22:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

『Blast!』ブロードウェイバージョン

東京国際フォーラムCにて『Blast!』観劇。

3度目の来日公演。
そして、私が観るのも3回目。
初めての来日公演から、毎回1度は観に行ってます。
そしてその度に、「面白かった〜」とニコニコ顔で劇場を後にするのです。

面白いし、とにかくカッコ良い!
奏でられる音も良いのだけど、何より、演奏してる人達が本当に楽しそうなのが、この作品をより面白くしてるのだと思う。

去年、『Blast!2』なるものの来日公演があったのだけど、あまり面白くなくて、やっぱりオリジナルが観たい〜(>_<)と思ってたので、今回の再来日はホントに嬉しかった。

もう3度目なのに、何故か毎回、初めてのような感動があります。(単に忘れっぽいだけか?)

これと、『リバーダンス』は、何度観ても良い。
来日する度に足を運びますよ!![m:50]
でも、今回は楽日までにもう一度行っちゃおうかなぁ。

間に休憩時間がありますが、ロビーでも打楽器奏者5名によるパフォーマンスがあるので、トイレになんて行ってる暇はありません。
終演後も、キャスト達がロビーに出て行って、この公演の本当のラストはロビーで迎えるので、のんびり客席に残るわけには行きません。

さすがに3回目ともなると、ロビーに出やすい席をget、そして素早い行動の甲斐あって、休憩時間も終演後も、パフォーマンスを堪能できる場所を確保できました。

悔しかったのは、ここでの撮影はOKなのですが、携帯ムービーの保存先の設定が「本体」になってたため、メモリが足りなくなり、途中までしか録れなかった事。
ムービー機能なんて初めて使ったからさ〜。[m:206]

休憩中のパフォーマンスは、ロビーの階段の下で行われてたので、外からもよく見えます。
今日はまだ初日に近かったけど、この先、休憩時間に合わせて、劇場外での観客が増えそう。

私も、銀座周辺に行った時は、時間を合わせてみようかな。

ブラスト!公式ページ

http://www.blast-tour.jp/
posted by てしー at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

『エリザベート』ウィーンコンサート版

新宿コマでの『エリザベート』千秋楽に行って来ました。\*^o^*/

実は、昨夜からちょっと憂鬱でした。
それは、「これを観てしまったら、もう『エリザベート』は終わりなんだ」という気持ちからくるもの。
小説やビデオなら見ずに取って置くことも出来るけど、これは観に行かなかったら、そのまま終わってしまうので、行かねばなるまい。
結局、席についてもまだ気持ちは沈んだまま。
しかも、今日の席は3列目のかなり右端。
という事は、舞台の左側がかなり見えにくい。
ルドルフの立ち位置は左が多いのに〜。

案の定、冒頭のシーンでは、中央から左側のキャストが全く見えない。
千秋楽ともあって、劇場全体は異様な盛り上がりの中、私は妙に沈んだ気持ちのまま。

だけど、キャストの歌の力が凄いのと、端の席だったので、「今までこんなにアンサンブルのこと観たことが無い」というくらい違った見方が出来て、だんだん楽しめるようになって来ました。
しかも、ルカス君はアンサンブルの時は右側が多いし、中には目の前に居ることも。
左側にいるカフェのシーンも、隙間からちゃんと見えたので、良かった良かった。(^ ^)
カフェでの喧嘩はだんだんアップグレードしてるようで、今日なんか、喧嘩相手に椅子ごと持ち上げられて、席を遠ざけられてました。
その後、逃げていった相手を追って、右側まで移動。
本筋そっちのけで、ルカス君と喧嘩相手の動きを追ってしまいました。
ま、正面が見えないから仕方ないのよ、って事でご勘弁を。

ちょっと話は外れますが、皇太子ルドルフの恋人マリー・ヴェッツェラの配役がパンフレットにも載ってるし、ウィーンの劇場のバックステージ見学に行った時も、その鬘が置いてありました。
このミュージカルのストーリーには絡みの無いキャラなので、一体どこに出てるのか、どれがマリーなのか、ずっと謎でした。
そして今日、冒頭のシーンで、センターのキャストが殆ど見えないので仕方なく目の前にいるアンサンブルを観ていたら、ルドルフの自殺のシーンでのトート達と同じ衣装の女性がいました。
赤毛で帽子を被ってる子です。
これがマリー・ヴェッツェラだったのか!
せめて、ルドルフの隣にいるとかなら、もうちょっと分かりやすかったのに。
でも、彼女達は同じor隣のお墓には入れてもらえなかったんだっけ?
それなら仕方ないかなぁ。

それにしても、キャストの歌は、本当に素晴らしかった。
特に、エリザベート。
日本版ではここまで歌える人がいないので、「私だけに」の力強さには感服しました。

子役も、私が観た中では、今日が一番上手かった。
ダニエル・エクホフ君。
今まで見た3人は日本人とのハーフだったみたいだけど、この子は両親ともドイツ系かな?
大人になったらルカス君になっても違和感無かったわ。
楽日に登場って事は、やっぱりこの子が一番上手いって事なのかな?
一番小さくもあったけど、皇太后ゾフィーに「BITTE!」と懇願して拒まれた後、本当に泣きそうな表情をして退場していくのを見て切なくなりました。(可愛い〜〜〜)

9日のブログに書きそびれてましたが、コンサート版ならではの演出で面白かったシーンの追加。
それは、『HASS!』の場面。
ナチスが台頭してくるシーンなので、シーンが終わっても拍手は控えてますが、ロングコートを着た怪しげな集団だった人々が、舞台中央のセリで作られた穴にコートをどんどん脱ぎ捨てていって、どんどんナチの親衛隊(でいいのかな?)に変貌していく様子が、知らず知らずのうちに空気が変わっていくようで、怖くて面白かった。

2幕目、ハンガリーでの戴冠式のシーンでは、出演者が日の丸を振ってました。
ルキーニの歌詞から「ヤーパン」というのも聞こえた気がするけど、字幕は「ハンガリー」だったし、まさか「日本」に変えて歌ってはいないだろうから、似たような単語と聞き違えたかな?
ドイツ語、わかんないし。
そもそも、ハンガリーのシーンなのに皆が日の丸を振ってるという時点で笑えます。
これは、千秋楽ならではのお遊びですね。

そんなお遊びと、曲ごとの拍手が普段よりは長め、というのを除けば、舞台は至って淡々と進み、そしてカーテンコール。
アンコールでは、今日は出演の無かったチビルドルフも他に二人、衣装を付けて登場。
その他、恐らく、今日は出番の無かったアンサンブルさんや、その他の裏方さん(日本人らしき姿もあった)も舞台奥に登場。
大拍手〜。

やってくれるかな?と密かに期待していた「闇が広がる」のアンコール。
やっぱりありました。
しかも、今回は、トートとルドルフのセカンド二人ずつも歌い継いでの「闇が広がる」。
また、ルキーニやエリザベート、フランツまでもが一緒になって歌ってました。
コーラスじゃなくて、ワンフレーズずつ。
マイクがちゃんと入ってなかったようで、声は届かなかったけどね。

ルックス的には「ごめんなさい」なルドルフセカンドのお二人も、歌声はさすがに美しく、これはこれでちゃんと聞いてみたかった。
そして、トートのセカンドさんも、ほんの1フレーズしか聞けなかったけど、この声はかなり私好みでは無かろうか!
先週の水曜夜、半休を取って観に行こうかと思ってたけど、結局行かなかったのを、やはり後悔することになりました。

他のキャストでも、何度でも観ておきたかった!
でも、平日昼公演ばっかりで、夜公演だって5時開始じゃ、仕事してる人間には無理なのよ〜。
この悔しさは、とりあえずアンケートに書いておきました。
平日は、そうとう空席が目立ってたようですが、是非是非、また日本公演をやって欲しい。
そして、今度やる時は、もっと6時以降の公演を増やしてくれ!ってね。

さびの部分の繰り返しでは、1月のコンサートでも聞かせてくれた日本語バージョン。
このカーテンコールの映像は、トート役のマテが自分のデジカメで録りまくってました。
いいなぁ、その映像、私も欲しい。

何度目かのカーテンコールでは、スタッフの方が、おそらくマヤさん(エリザベート役)のお子さんを連れてきて、マヤさんが抱っこしてました。
ルキーニやトートがチビルドルフを肩車すると、その隣のマヤさんは、「私には無理よ」とでもいうようなゼスチャーで笑わせてくれました。

舞台が見えなかったところもあるけど、幸せな気分で盛り上がったので、

評価:5
posted by てしー at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

『エリザベート』ウィーンコンサート版

新宿コマ劇場にて、ウィーン来日公演『エリザベート』コンサートバージョンを観劇。

大阪では、極力ウィーンでの舞台装置と同じバージョンでの上演だったが、東京公演は、劇場の構造の問題でセットを組めないので、コンサートバージョンとなった。
やっぱり、東京でも「舞台版」を観たかった。
平日でも開演時間が早いのと、舞台版では無いというのもあってか、客席は空席が目立ちました。
でも、案外、このコンサート版が面白かった。

勿論、セットが無い分、しょぼいと感じるシーンはあったけど、セットが無い中でも新たな演出が加えられ、これはこれで魅力的な舞台になってました。

冒頭、ハプスブルグ家の亡霊達が現れるシーンでは、オーケストラ奥のステージを、ラストシーンと同じ白い服を着たエリザベートが横切っていったり、「カフェ」のシーンではゴーカートが使えないから、それぞれが椅子を持ってきて座るようになってましたが、ルカス君などは、隣り合わせの男性とは仲が悪いという設定で、子供の喧嘩みたいにお互いを突きあっていたりして、舞台版とは違う演技に、ちょっとした楽しみを見出してしまいました。

ルカス君中心で申し訳ありませんが、ルドルフが自殺した後の葬儀のシーン、他の舞台(宝塚や海外含め)では、棺おけを前にエリザベートが嘆き悲しみますが、コンサート版では、舞台中央で倒れたルドルフが、ここでもまだ舞台上にいます。(倒れた状態のまま)
「死んだ息子の遺体を前に嘆くエリザベート」というのは初めてで、哀れを誘い、思わず貰い泣きしちゃいました。

ラストシーンも、ウィーン版よりはオランダ版に近い感じかな。
『エリザベート』には色んな演出があり、それぞれに面白い所があります。
コンサート版という事で侮ってましたが、予想以上に素敵な舞台を見ることができました。

キャストも皆、ファーストキャストだったので、満足。(^^)V
(脇のキャラまではわからないし、子役はイマイチでしたが。)

大阪の劇場で売っていたルカス主演のミュージカル『ロミオとジュリエット』のCDがあれば買おうと思ってたのに、こちらでは売ってませんでした。
大阪で売り切れちゃったのかしら?
今月末のルカスのコンサート会場で売ってくれるかなぁ?
でも、コンサートの前に欲しかったんだけどなぁ。(コンサートで歌うだろうから)

評価:4
posted by てしー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

『エリザベート』(OMC貸切)

OMCカードの貸切公演で『エリザベート』を観て来ました。
今日は、エリザベートもトートもルキーニもフランツもルドルフも、皆、1stキャスト!
席も、やや下手寄りだったけど実質6列目という近さだったし、ルカス君(ルドルフ役)を見るには良い席。

2幕目はルドルフ役だけだろうと思ったら、案外、色んな場面で出演してたので、思わずルカス君チェックしちゃいました。

何度見ても、トートとエリザベートの「愛」がよくわからないんですけど(私なりに納得できたのは、オランダ版の『エリザベート』のみ)、ときめく舞台には違いない。

来月は東京でのコンサートバージョンを観る予定がありますが、舞台版を観るのは今日が最後。
理想的なキャスティングで最後を締めることが出来て、余は満足じゃ。(^ ^)

評価:5
posted by てしー at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

ウィーン版『エリザベート』

再び、大阪まで『エリザベート』を観に来てます。(^-^)/
前回は、ほぼ1stキャストだったけど、今回はエリザベートとルキーニが2ndキャスト。

でも、お目当てのトート(マテ・カマラス)とルドルフ(ルカス・ペルマン)は出ていた。(*^o^*)
しかも今日は、公演DVDや出演者のCDを買った人を対象にサイン会がありました。(買いましたともさ!)

ハンガリー人のマテにはハンガリー語で「ありがとう」と言ってみました。
20年近く前に覚えた言葉なので自信が無かったけど、一瞬キョトンとした顔をした後、満面の笑みで「Thank you very much」と返してくれました。

ルカスにはドイツ語で。
こちらも満面の笑みで「(日本語で)どうもありがとう」と返してくれました。
でもって、ルカスとは握手も。(マテの時は握手しそびれた)

幸せな時間でした〜。

その幸せの勢いで、東京公演のチケットを買い足してしまいました。
恐るべし、サイン会の威力。
でも、幸せだから良いの。(*^_^*)

明日は、昼の部を観て、東京に帰ります。
明日もマテとルカスが出てくれると良いなぁ。
posted by てしー at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

ウィーン版『エリザベート』

梅田芸術劇場メインホールにて、ウィーン版『エリザベート』観劇。

やっぱ、歌えるトートは良いわ〜。ハートたち(複数ハート)
カッコ良い〜。ぴかぴか(新しい)

ウィーンと同じ舞台装置で、と思ってたので、例のX字に折れ曲がるセリもあるのかと思ったけど、それはさすがにありませんでした。

開幕して、字幕が付いてる事に驚いてしまいました。
考えてみたら、来日公演なんだもの、当然ですよね。
何かもう、この作品に関しては、宝塚版も観てるし、東宝版も見てるし、オランダでもウィーンでも観たし、頭の中には日本語の歌詞が詰まっているから、字幕が無くても平気。

多少、日本語版の『エリザベート』とは訳が違うので、その違いも楽しみたいから、字幕も見つつ…の観劇になりましたが、それだと舞台上のキャストが見えなくなったりするので、ちょっと忙しかった。
(二階席だったので、双眼鏡を使うと字幕が読めない)

来月また観に行くので、その時は、もっと舞台に集中しようっと。

評価:4
posted by てしー at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

『エリザベート』GALAコンサート

東京千秋楽の今日、ようやく『エリザベート』GALAコンサートを観に行ってきました。

前半のトークコーナーは、最終日と言うこともあって、喋りつくした後らしく、いまいち盛り上がりに欠けた感じがありましたが、後半のコンサートは良かったぁ〜〜〜。
ホント、ウィーンからの3人は素晴らしかったっっっ!

ただ残念だったのは、ウィーンからも日本(宝塚OG)からもルキーニ役者がいなかったため、『ミルク』などルキーニ中心の歌が無かったこと。
オープニングもちょっと淋しかったし。

そんなわけで、
評価:4


『闇は広がる』では勿論、ウィーン版のトート&ルドルフでのデュエットでしたが、途中からは二人とも日本語で歌ってくれて、大興奮!


ドイツ語版のときは、頭の中で日本語歌詞に翻訳してしまうためかワンクッションある感じ。
でも、日本語で歌われるとダイレクトに伝わるし、しかも歌ってるのはウィーンの二人。
一番興奮した場所でした。
カッコ良い〜〜〜。ぴかぴか(新しい)

今日は千秋楽と言うこともあってか、最後にもう一度『闇が広がる』をアンコールで歌ってくれました。
この時は、エリザベート役のマヤさんも出てきて、トートパートの一部を歌ってました。
その間、トートの人が何をしてたかというと、手持ちのデジカメ(ビデオ?)で自分達を撮りまくってました。
いいなぁ。そのビデオ欲しいなぁ。

勢いで、東京公演のチケットを申し込んでしまいました。
日曜しか行けないので、第一希望を千秋楽にしてしまったけど、無事取れるといいなぁ。

その後は、音羽会(音羽屋:尾上菊五郎や菊之助らの後援会)の新年会に行ってきました。
数年前に行った時は、それぞれのテーブルに菊五郎さんや菊之助さんが来てくれて、そこで写真を撮ったりした記憶があるのだけど、年々参加者が増えてるらしく、テーブルを回るのではなく、写真撮影のための列が出来ていて、食事を我慢して列に並ぶか、2ショット写真を諦めて食事するかの二者択一状態でした。
私はと言うと、お腹が空いてたし、自分との2ショットは、写真を見てがっかりするのが常なので、撮りませんでした。
でも、握手くらいはしたかったな。


ブログペットを飼えるようにお引越ししたのに、何故かMac(OS9)からだと見えない…。もうやだ〜(悲しい顔)
公開前にテストした時はちゃんと見えたんだけどなぁ。
OSXからは見えてるのかしら?
posted by てしー at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記(来日公演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。