フィギュアスケートと観劇が大好き。
そんな私の、感激日記。
日記というより記録といった方が良いかも。

感激度は、

1:つまらない。
2:私はちょっと苦手…。
3:面白い。
4:お勧め。もう一回観たいくらい。
5:皆、観て観てーーー!!!

基本的に、3〜5は「面白い」って事です。
「面白い」の中を、さらに3段階に分けました。

2012年01月19日

久々にスケート

久々に、高田馬場のシチズンプラザに滑りに行ってきました。
ここで滑るのは2年ぶりくらい?3年ぶり?
先日、名古屋の邦和スポーツランドにも行きましたが、やっぱり、東京のリンクは滑りにくい。
邦和も、混んではいたけど、ほとんどフィギュアの人だったから…。

神宮もシチズンも、アイスホッケーの人が居て、フィギュアとは滑るルートが全く違うので、相容れない。(; ;)
きっと、ホッケーの人も、「フィギュアの人が邪魔」だと思ってるんだろうな。
都内に、もっとリンクがあれば良いのに。
そしたら、棲み分けも出来るかも知れないのに。
(いっぱい有った頃も棲み分け出来てなかったから怪しいけど)

ただでさえ久し振りで感覚が鈍ってるから、今日は、スリーターンなんぞで転んでしまった。
進歩は無理でも、昔出来た事くらいは、また出来るようになりたいな。

週に1度でも通えれば良いけど、滑りにくいと、かえってストレスになっちゃう。
ああ…後楽園のリンクに復活して欲しいぃぃぃぃぃ。
posted by てしー at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

『フレンズ・オン・アイス2010』

堪能しました〜。
8/26の『ディア・フレンズ』と、8/28昼、8/29夕を観ました。

あっこちゃん(鈴木明子):ベリーダンス、腰振り最高!似合ってる!!

田村岳斗:綺麗なルッツを跳びますね〜。私が観た回は3回とも上手く跳べてた。
   第二部の巨乳美女も凄い。あのカツラ&胸を付けて3ルッツに3T2Tだもんね。
   第二部は男子が続くから、「じゃ、俺、女装する」なんてノリだったのかな?

ベルビン/アゴスト:小学生から大人になるまでの幼馴染みを演じたプログラム。
   可愛らしくて、切なくて、とっても素敵でした。

本田武史:力んじゃったのか、すっぽ抜けてシングルアクセルやダブルに
   なっちゃう事も多かったけど、千秋楽は良かった。

シェイリーン・ボーン:今年は小道具無し。しっとり系とノリノリ系。盛り上げてくれます。

イリア・クーリック:相変わらずスピードがあるな〜。無茶苦茶高いバタフライも健在!

荒川静香:ディア〜では、『リッスン』を滑っていて、「新プロじゃないなんて珍しいな」と思ったら、本番では新プロでした。相変わらずジャンプが安定していて凄い。千秋楽のフィナーレでは、3+3+2跳んでるし。無理と分かっていても、試合用のプログラムを観てみたいな〜。

ライサチェク:ディア〜では、時差ボケの為か絶不調だったけど、本番は良かった。特に、千秋楽!

相変わらず、ぐだぐだのプレゼント抽選会。これがフレンズらしくて堪りません。
しーちゃん(荒川)がプレゼントの説明をする間、お手伝いのあっこちゃんや小塚君は、「なんちゃってイナバウアー」をしたり、ゆうパックのポスターになってる大ちゃんの物まねをしてみたり、やりたい放題。
今回は、第二部で小塚君が滑るプログラムをSP、フリー、EXから抽選で選ぶ、というイベントもありました。
ディア〜では、抽選はなくEXで、28は抽選でSP。千秋楽では是非ともフリーを観たいと思ってましたが、昼の部がフリーだったというので、本番では滑ってないEXになるかな?と思ったら、「熱狂的小塚ファン」をアピールする先輩スケーター達(本田、田村、高橋、安藤、クーリックかな?)がリンクサイドから「フリー!」の大合唱。しーちゃんなんて「メドレーにする?」なんて鬼のような事を言ってるし。(そんな事が出来るのは、あなたくらい(笑))
かくして、千秋楽は抽選無しで、フリーに決定。ありがとう!先輩達!!(笑)

第二部冒頭のメンズ プログラムは、大ちゃんプロデュース。
やっぱり、一番踊り慣れてる大ちゃんに目がいっちゃいますが、とにかく皆、カッコ良かった。

小塚崇彦:ありがたいことに、3回で3種類のプログラムを観ることが出来ました。
  千秋楽のフリーでは、冒頭の4回転も辛うじて成功。アイスショー仕様の狭いリンクで良くやった!
  フィナーレでも4回転を何とか片足で降りてたし、大分、物にしてきたかな?
  シーズンインが楽しみです。(*^^*)

安藤美姫:3回で2プロ見られました。28昼のは、SPだったらしい。「これがSPだったらカッコ良いな〜」なんて思ってたけど、ホントにSPだとは。試合で観るのが楽しみです。
この子も、ジャンプが安定していて、試合で全種類のトリプルを観られたら良いのにな。(アクセルは2で良いけど)

パン/トン:『見果てぬ夢』EXバージョン。とにかく凄い!リフトやスロージャンプのような大技だけじゃなく、何気ないところも「ペア」の素晴らしさを見せつけてくれます。素敵だった〜。

佐藤有香:こちらも2プロ観られました。ホントに、こんな風に滑れたら気持ちいいだろうな〜。

高橋大輔:シェイリーン振付によるSP、ルンバ&マンボなどのメドレー。笑っちゃうほど凄い。
  ただ、照明の明るい試合で、このプログラムの良さが出るか、ちょっと不安もあります。
  『eye』も素敵だったから大丈夫かな。大ちゃんの魅力で、世界を染め上げちゃって下さい。

とにかく、楽しかった。
10月のジャパンオープンでいよいよシーズンイン。
楽しみです!
posted by てしー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

第38回関東学生フリースケーティング選手権

東大和市スケートセンターで行われた『第38回関東学生フリースケーティング選手権』なるものを観てきました。
と言っても、私が観たのは、男子7&8級クラスのみ。

中村健人君と、佐々木彰生君が目当てだったのだけど、健人君は棄権。
会場には居たようなんですけどね。

彰生君は、ウォームアップでは、片手をあげたルッツも、サルコウもループもフリップも、全部綺麗に跳んでたけど、本番では…ルッツ×2、サルコウ、フリップで転倒。
ループは、多分回転不足の両足着地。
ダブルアクセルも怪しかったかな。
まともに降りたのはトゥループだけだったけど、コンビネーションは入らなかったような…。

ミッキー・マーチなど、クラシックのディズニーアレンジ?で、楽しいプログラムだっただけに、残念無念。
2回の転倒までは「しょうがないな」と思えるけど、4回は多すぎ。(T_T)
ミッキーマウスをイメージした可愛い衣装で、特に手袋が可愛い。(*^^*)
このプログラムをノーミスで見られる日が来ますように。

会場では点数の読み上げなどは行われないので、結果は不明。
勿論、結果はどこかに張り出されるのだろうけど、男子の演技が終わった時点で帰っちゃったし、公式HPにもまだアップされてないしな〜。

でも、多分、1位は近藤琢哉君でしょう。
後半、ちょっとバテてきたのか、ダブったり、スピンが止まりそうだったりしてたけど、全体的には良い演技でした。
最終滑走の土生浩貴君も良い踊りを見せてくれました。

それにしても、やっぱり寒いわ〜。
久々に息が白くなりました。
今日は外も寒くて、温度差が小さかったのは、助かりました。

【追記】
どうやら、彰生君の最初のジャンプは、トリプルアクセルだったようです。
彼がトリプルを跳ぶとは考えてなかったので、ダブルの失敗ジャンプかと思っちゃいました。
でも、アクセルの前に、試合の中で5種類完璧に跳べるようになって欲しいなぁ。
ミッキー、ノーミスで観たいよう。
posted by てしー at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

『スターズ・オン・アイス』

代々木に『スターズ・オン・アイス』を観に行ってきました。

今回の『スターズ・オン・アイス』、いつものメンバーはアメリカツアー中らしく、
カナダ勢+日本選手が中心になってます。
カナダ勢もほとんどが現役選手。

そのためか、グループナンバーが少なくて、正直言って、ちょっとつまらなかった。
1人1人のナンバーは良いのだけど、全体の流れが悪いというか…。

今日は、テレビ収録があったからか、恐らくスロー再生でもしてるのでしょう。
1人終わると10数秒待たされ、それから次のスケーターが出てくる…というパターンで、
いちいち流れが途切れる。

第一部のラストはシェン/ツァオ組の『トゥーランドット』で、久しぶりに彼らの
『トゥーランドット』を観られて嬉しかったですが、「さて、次は?」と思ったら、
いきなり休憩のアナウンスが。

え〜???
『スターズ・オン・アイス』は大抵、グループナンバーで盛り上げて、そして休憩に入るんじゃない?
先日の『ダイアモンド・アイス』が盛り上がっただけに、プロが居てこれなの?って感じ。

カート・ブラウニングは、後半でも滑ってくれるかと思ったら、群舞にしか出てこなかったし。
大ちゃんは、『道』のショートバージョン。
あっという間に終わってしまった。
ジャンプは全部綺麗に決まってたし、これはこれで良いんだろうけど、やっぱり、半年間フリーで見続けていたので、物足りなく感じてしまいました。

第一部の最後にグループナンバーがあって、1人1人の間にスロー再生用であろうブランクが無ければ、
それなりに盛り上がってたんじゃないかと思うと、残念です。
今日で、私の09/10のスケートシーズンは終わりだったんだけどな。
(次にスケートを観るのは、6月末の『Dreams on Ice』の予定。)

数少ないグループナンバーは、どれも良かったです。
posted by てしー at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

『DIAMOND ICE』

世界選手権や世界ジュニア、四大陸選手権などに出場した選手&海外スケーターによるエキシビション。

世界選手権から戻ってきたばかり、とりわけ、金メダルを取った高橋&浅田の二人は、テレビ出演やら挨拶回りなどで多忙な日々を送っていて、きっと、エキシビションはボロボロだろうな〜、と思っていたら、皆、凄い!

全体を通して、こんなに出来の良いエキシビションが揃うのは稀なんじゃなかろうか。
私の記憶では、鈴木明子ちゃんと真央ちゃんが、シングルになったジャンプがそれぞれ1回ずつあったくらい。
オープニングやフィナーレでは失敗する子もいたけど、それぞれのプログラムの中では皆、しっかり着地してました。
あ〜ん。
これをノーカットで放送して欲しいよぉ〜。
関西地区で1時間のみの放送だなんて…。
どうせ、観たいところに限って、放送されないんだろうな。

マッチ(町田樹)のノーミスの『HAPPY FEET』とか、ゆづ(羽生結弦)の新ナンバーとか、フィナーレでの高橋&小塚ペアとか。
フィナーレでは、高橋、織田、小塚の3人が一緒に出てきたのだけど、織田君だけ違う方向で、高橋&小塚が同じ方向に滑っていって、二人でトリプルフリップ(多分)〜スピンという流れだったのだけど、この二人の動きが揃っていて、中々見事だったのです。

織田君も、世界選手権でSP28位だったのが信じられないくらい、良い出来でした。
こんな演技が出来る子が、どうして3つのジャンプ全てがシングルになってしまったのか、謎は深まります。

仕事が忙しいから、日曜日帰りでの大阪行きだったけど、すっごく楽しかった!
行って良かった。
posted by てしー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

残念

試合開始1時間前には開場してくれるかと思ったら、公式練習終了後じゃないと開場してくれないみたい。
(多分、通し券の人は入れる)
オリジナルダンスは12:45からで、開場は12:30だとさ。
ひどい…。
posted by てしー at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ちゃん、金メダル!

冒頭の4Fは回転不足になっちゃったけど、転ばなかったし、その他の部分は良かった。(^o^)
特に、トリプルアクセルは二つとも綺麗だった!

小塚君が10位まで落ちて、大ちゃんが3位以内に入らないと来年の枠が〜、とか、パトリックのジャンプの転倒が一つ、両足着氷が二つの演技でチャンピオンだなんて事になったら嫌だ〜、とか色々考えて、祈るような気持ちで迎えた最終滑走。

大ちゃんがやってくれたよ!
カッコ良かったよ!
この場にいられて幸せでした。

トリノまで見に来て良かった!
明日の朝、気持ち良く飛行機に乗れます。
posted by てしー at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

男子SP 訂正

一部、文章が足りませんでした。(小塚君の部分)
正しくは
−−−−−−
やったね! ノーミスのアボットより上なのには驚いた。あの手の音楽ならアボットの方が良くこなしてると思ったから。アボットは何か取りこぼしてたかな?
posted by てしー at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男子SP

キム・ミンスク:良い出来でした。泣いてるよ〜。フリーも観られると良いな。(^o^)

フェルナンデス:良い出来でした。(*^-^*)

アモディオ:3アクセルso、点も伸びなかったから、回転不足もあったかも。

オスマン:コンビネーションは3ー3だったかな。2アクセルも綺麗。最後の3フリップで転倒。フリーに残れるか微妙。

レイノルズ:4ー3は決めたか?アクセルと単発はダブルになっちゃったみたいだけど、四回転の得点でそれなりの位置につけたかな?

ボロデュリン:アクセル失敗の後、ブレードのトラブルで棄権。彼にとっては、たった37秒の世界選手権でした。

シュルタイス:しっとりとした良い演技でした。

ブラッドリー:4回転転倒、コンビネーション入らず。アクセルはダブル。オスマン君の下!?

アボット:五輪不調の鬱憤を晴らすような良い出来でした。(^o^)でも、もうちょっと高得点がもらえるかと思った。

ボロノフ:ボロデュリンの棄権で、来年のロシア枠が一気に彼の肩に。会心の出来では無かったけど、とりあえずノーミスかな。コンビは4ー2だったので、得点はいまいち稼げなかった。

小塚:慎重に行ってるな、とは思ったけど、中々良い演技。去年の『TAKE FIVE』が良すぎたせいか、中々、去年の得点を越えられず、80点を下回ってたけど、き今日は一気に84.20! やったね! ノーミスのアボット

織田:コンビネーション入らず。全てのジャンプがシングル。何があった???

チャン:クドいけど良い演技。(^o^)

高橋:慎重になってるのか、勢いが足りない感じはあったけど、ここ数年、世界選手権ではノーミス演技を見られなかったので、それが観られて嬉しかった。(*^-^*)

コンテスティ:無理矢理降りたジャンプばかりだったけど、とりあえずノーミス。

ジュベール:4ー3も決めたし、3アクセルも決めた。PBは、コンビが4ー2の時のものだと記憶してるので、きっと、それは越えるだろう。今日のジュベールになら、(大ちゃんが)負けてもしょうがないな、と思ったら、チャンよりも下の3位。これにはさすがに客席からもブーイング。私も驚いた。

ブレジナ:音楽によく乗っていて、小気味よい演技。80点以上出た。凄い!

リッポン:3アクセルの着地が乱れたけど、両手を上げた3ルッツは超綺麗。

テン:今シーズンは苦しんでいたけど、今日はようやく本来の力を発揮出来たのではなかろうか。

以上、気になった人を纏めて書いてみました。

このあと、確定した順位は確認してないし、回転数など、見間違いもあるかと思いますが、その時の私の素直な感想です。

今回は、贔屓の選手はほとんど良い出来で、トリノまで見に来た甲斐があったと思いましたが、織田君の不調には、ただただ驚くばかり。
明日のフリーはまた、高橋&小塚の二人で3枠を狙わなきゃならないのか。
ま、今回のメンバー&二人の調子なら大丈夫かとは思うけど、織田君の予選落ちは想定外でした。
日本勢では、彼が最も、五輪の雪辱を晴らすフリーを見せたかっただろうに。

男子が終わった後、夜のペアのフリーのチケットを買いにいったら売り切れと言われた。
まさか、ペアが売り切れになるとは思ってなかったのでビックリ!
しょうがないからテレビで見ようと思ったら、チャンネルがわからない…。
昨夜は適当にチャンネルを回したら見られたのに。
う〜む…。
posted by てしー at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

キム・ユナの「たら・れば」の話

女子フィギュア、キム・ユナが驚くような高得点を叩き出し優勝。
誰もが「男子並みの点」と思った事でしょう。

もし、彼女が男子として出ていたら…。
彼女の得点を男子と同じ係数で計算し直してみました。


実際のユナちゃんの点数 →PCSの係数を男子と同じにして再計算

【SP】
TES 44.70 → 44.70
PCS 33.80 → 42.25
TSS 78.50 → 86.95

【フリー】
TES 78.30  →  78.30
PCS 71.76  →  89.70
TSS 150.06 → 168.00

合計 254.95

これは、プルシェンコよりは下ですが、大ちゃんよりは上。
ただし、あくまでもSPとの合計なので、SPでアクセルを入れられた分、男子の方が上回っただけで、
フリーだけなら優勝したライサチェック(167.37)より上です。
女子のフリーは、男子よりジャンプが1つ少ないのに、です。
と言う事は、男子と同じ数のジャンプを跳んでいたら…

ダブルルッツ(1.9)を加えると、256.85になるので

257.67 ライサチェク
256.85 キム     ←ここ
256.36 プルシェンコ
247.23 高橋大輔

ダブルルッツが後半で、GOEが+2だったりしたら、3.09になるので、258.04というわけで、優勝しちゃいます。

何故ダブルルッツで計算するかというと、ユナちゃんはトリプルループが苦手だし、他のトリプル&ダブルアクセルは既に上限一杯使っちゃってるので、次に点数が高いジャンプがダブルルッツだからです。
ユナちゃんはルッツが得意だしね。

こりゃもう、4回転不要論どころか、トリプルアクセルすら不要の時代が来ちゃったようです。

凄すぎて笑っちゃう。

勿論、男子と女子では審判団も違うし、滑る時間が違し、女子はステップの代わりにスパイラル・シークエンスが入るし、30秒長かったら体力が持たないかも…という話もあるでしょう。
あくまでも「たら・れば」の話です。
posted by てしー at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

全日本フィギュア 3日目

ついに女子フリーです。
緊張感漂う最終グループ、1番滑走の友加里(中野)ちゃんが高得点をたたき出し、続く美姫ちゃんは失速。
ひょっとしたら友加里ちゃんが優勝して五輪代表の1枠が決まるか?という新たな緊張感が生まれていた。

真央ちゃんはトリプルアクセルを跳んだけど、回転不足にも見えたので、ひょっとしたら友加里ちゃんに負けるかもしれないと思ったが、結果的に、真央ちゃんは自己ベストの得点で1位。

明子ちゃん(鈴木)はジャンプは全て成功させたものの、転倒が1回。
これだけ競ってる状態での減点1がどう影響するか、ハラハラドキドキ。
真央ちゃんが友加里ちゃんを上回った時点で、実際の所は、友加里ちゃんの五輪代表は消えたと思うが、もし、明子ちゃんが友加里ちゃんより下位で代表に選ばれたら、また、トリノの時の美姫ちゃんのようにバッシングされそうで不安でした。
個人的には、今シーズンのプログラムは、SPもフリーも、明子ちゃんのが気に入ってるので、どちらかといえば明子ちゃんに行ってほしいけど、友加里ちゃんが行けないのも勿体ない。

結局、明子ちゃんは友加里ちゃんを抜いて2位となり、女子の代表は浅田真央、鈴木明子、安藤美姫に決定。

各国の代表は最大3枠だけど、その他にISU枠とかあれば良いのになぁ。

ところで、オリンピックの約3週間前にある四大陸選手権にマッチー(町田樹)が出る!
わ〜い\(*^▽^*)/
見に行きたいけど、チケットも休みも取れそうに無いので、家でおとなしくテレビ観戦します。
posted by てしー at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

全日本フィギュア 2日目

大ちゃん、優勝おめでとー!(^O^)/
正直言って、フリーは織田君の方が上に行くと思ってました。

でも、順位的には、高橋、織田、小塚と順当なメンバーが台乗りし、正式発表はまだだけど、この3人がバンクーバー五輪代表に選ばれるのは確実でしょう。

ちょこちょこ失敗はあったけど、オリンピック出場おめでとう!>こづ
去年の世界選手権から3枠にこだわってきた甲斐があったね!

混戦模様の女子はどうなるか、明日も楽しみです。
posted by てしー at 01:35| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

全日本フィギュア1日目

ひょっとしたら、大ちゃんのSPを生で観られるのはこれが最後かも。
だとしたら、しっかりとこの目に焼き付けておかなくては。

そして、その想いに応えるべく、素晴らしい演技を見せてくれました。
(ちょこちょこヒヤリとさせられる所はあったけど)

小塚君は、6分間練習で全く決まらなかったアクセルを何とかおりてくれたので、良しとしましょう。
ステップの途中で転びそうになったのは残念だけど。

織田君は、驚いたことにフリップで転倒。
ノーミスで大ちゃんと対決したかっただろうに。
悔しいだろうなぁ。
私も残念。

そしてそして、会心の出来のマッチー(町田樹)を観られて幸せ〜。
今日良かった子も、今日悪かった子も皆、明日は良い演技が見られますように。
posted by てしー at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

全日本ジュニア(男子フリー)

昨日に引き続き、全日本ジュニアです。
今日もまた、宇野昌磨君が凄かった。
回転不足+両足着氷っぽいジャンプもあったけど、全体的に良く踊っていて、恐らく、今日一番の盛り上がり。
後半の2アクセル+2ループ+2ループのコンビネーションなんて、理想的なくらいスピードがあって、流れもあって良かった。

優勝したのは羽生結弦君でしたが、今日のフリーはいまいち。
トリプルは全て軸が斜めで、ステップアウトしたり転倒したり、降りていても「辛うじて」といった様子。
その他の部分で点を稼いではいたものの、フリーは2位でした。

宇野君に続く、あるいは同等の盛り上がりを見せたのが、フリー1位、総合2位の中村健人君。
ルッツがダブルになっちゃっただけで、後はノーミス。
3アクセルも2つ、綺麗に入りました。
2週間後のファイナルや全日本(シニア)が楽しみです。

昌磨君は、驚きの3位入賞。
でも、まだノービスの選手だから、シニアの試合には出られないのね。
今日も女子を観ずに帰っちゃったので、表彰式は観られなかったけど、表彰台に乗ってもまだまだ小さいであろう昌磨君。
どんな様子だったのか観てみたかったです。

そしてもう一人、昨日『宇宙戦艦ヤマト』で盛り上げてくれた本田宏樹君は、今日も、キムタクがパイロットを演じた『GOOD LUCK!!』で盛り上げてくれました。
『ヤマト』と似たような振りがあって、それはやっぱり『ヤマト』の方が面白かったけど、中々良い出来のフリーでした。
posted by てしー at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

全日本ジュニア(SP)

新横浜にて。

宇野昌磨君が会心の出来。
良いもん観たわ〜。

ジャンプ構成は、3トゥ+2とか2フリップと低めだけど、出来映えが良かった。
スピンもスピードが落ちなかったし、何より、音楽とよく合っていて、物凄く盛り上がった。
19番滑走で、その時点で1位!

中村健人君は、去年はトリプルアクセルを観られなかった記憶があるけど、今日は綺麗に降りていた。
フリップでの転倒が残念だったけど、なかなかの出来。
(【追記】友人に「去年もアクセルを入れてたよ」と言われちゃいました。(^^;)
ごめん…記憶になくて…)

羽生結弦君は、別次元。
2位と12点位の点差を付けての、断トツの1位。
Jr.ファイナルが楽しみです。

その他、『宇宙戦艦ヤマト』で滑った子(本田宏樹)も、順位は低かったけど盛り上がったなぁ。
パンフを見ると、神奈川FSCと書いてある。
と言う事は、佐々木彰生君と同じ所か…。
ん?と言う事はひょっとして、「のび太」か?
去年の神奈川のリンクでの発表会で『ドラえもん』の「のび太」を演じてたのが彼でした。
明日のフリーはどんなのを見せてくれるか楽しみです。

あと、ピンクパンサーを滑った子も楽しかった。
男子は、ジュニアでもやっぱり面白いな。

申し訳ないけど、色々やらなきゃならない事があるので、女子は観ずに帰りました。m(_ _)m
posted by てしー at 21:45| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

フィンランディア杯2日目

フィンランディア2日目

ダンスは順調に。
女子SPは、ある意味、上位陣が崩れた感じ?
日本かフィンランドの誰かが1位になると思ったのに、ロシアのレオノワが1位でした。
一見ノーミスの村主さんは、フリップに!、ルッツにeマークが。(^^;)
回転不足などは無さそうですが、それでも、ループが2回転に、さらに2アクセルを前向きに降りちゃったレピストと殆ど点差が無い。3ルッツで転倒してセカンドを付けられなかったコルピにすら負けてしまった。
PCSが伸びなくなっちゃったのかな。

奈也ちゃんは、3トゥループの着地に乱れ、辛うじて2トゥを付けたけど、3回転が回転不足。ループもダブルになってしまった。
トゥループとループしか跳べない子なのに、それで失敗してどうする!(>_<)

亜紀ちゃんは、彼女比ではとっても良い出来でした。
でも、PCSが伸びないのかな。順位は低め。

1位のレオノワは、冒頭、何でもないターンの所でバランスを崩し、持ちこたえたかと思ったらやっぱり転倒しちゃいました。
でも、他のエレメンツは確実にこなし、1位。
勿体ないディダクションでした。

そして、男子フリー。

第一グループにケヴィン・バン・デル・ペレンが。
こんなグループにいちゃいけない人だと思うんだけど…何というか…今回も「満身創痍」って感じでした。
3連続3回転を降りたかと思ったら激しく転倒。
左足の付け根当たりを痛めたらしく、このまま棄権するかと思ったけど、しばらく中断した後、再開。
再開後すぐのジャンプは2つとも綺麗に決めたけど、ラスト近くでは2回転や1回転になってしまい、痛々しかったです。

ヴォロノフは、冒頭の4回転を綺麗に決め、その後の3アクセルも何とか無事、着地。
流れの中での綺麗なジャンプとは行かなかったけど、全体的に勢いがあって良かった。

村上君は、どうしてもモロゾフ時代の大ちゃんの亜流に見えちゃう。
体型も似てるからかな。
ただ、ジャンプが低いのが気になります。

大ちゃんのフリー『道』いよいよお披露目です。(*^^*)
マイムの部分がとても楽しい。
これは、織田君のチャップリンとの対決が楽しみです。

冒頭の4回転は回避してトリプルに。
となると、コンビネーションのセカンドはトリプルは止めてくるかな。
と思ったら、フリップの着地に乱れ、セカンドジャンプそのものを付けられませんでした。
その前にも、アクセルやルッツの着地に乱れがあり、アクセルはともかく、得意のフリップくらいは綺麗に決めたのを見たかった。

彼の出来としては、60〜70%くらいか。
それでも、ヴォロノフを抜いてフリーでも1位…と思ったら、ホテルに着いてからリザルトを見たら、フリーは2位になってましたね。
それでも、SPでの貯金があるから、総合順位が変る事無かったのが幸いでしたが。
スピンのレベルが下がったのかな?

ま、初戦なので、完璧演技を求めるわけではないけど、ジャンプに関しては失敗が多くて残念でした。
それでもともかく、大ちゃんの復帰は素直に嬉しいです。
このプログラムも凄く面白いので、完璧版を見られるのを楽しみにしてます。

フィンランディア・トロフィーとはいうものの、優勝者に贈られるトロフィーは見当たらず。
メダリスト3人に、リュックの様な物が贈られてました。
プレゼンターは、スザンナ・ラハカモ。(^ ^)

今、ウィーンのホテルに着いたところです。
今晩はいよいよ、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』観劇!(*^^*)
posted by てしー at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

フィンランディア・トロフィー1日目

男子の練習の途中から観てきました。
もう1時間半、早く着いてたら大ちゃんの練習も観られたんだろうけど、今朝はのんびりしたかったので。

会場に着いたら『アメリ』の曲が掛かっていて、そこにベルントソンがいた、ものだから「また今年もこれを使うのか?好きだから良いけどさ」と思ったら、ベルントソンはその次に滑ってました。
『アメリ』は、他の選手が使ってたのでした。

男子の後は、アイスダンスの練習、お目当てのケア姉弟(イギリス)は、初っぱなの登場。
練習着なのかも知れないけど、多分、本番用の衣装かな?
カウボーイスタイルで、西部劇風なのだと思いますが、ヒッチハイクをしてる弟を、トラックを運転する姉ちゃんが乗せていく…というような振りがあり、今回も「強い姉」でした。(^ ^)

女子の練習は、これまた初っぱなのグループに日本娘3人+フィンランドのコルピ&レピストがいるという豪華メンバー。

といっても、日本の3人はいつも通り、奈也ちゃんはトゥループとループだけだし、村主さんはやっぱりサルコウがすっぽ抜けるし、澤田亜紀ちゃんは回転不足で転倒してばかり。
いつもの光景だなぁ。
フィンランドの2人は、それなりに安定してそう。

他のグループにいたもう1人のフィンランドの選手(ポイキオ)も安定してました。
ま、自国の試合だからというのもあるかしらね。

ゲルボルトのフリーが中々カッコ良さそう。
ノーミスで観てみたいな。(といっても、今回、女子のフリーを観る予定はありません。)

さて、男子の試合です。
第1グループ3番目に登場してきたヴォロノフ(ロシア)は、4回転を決めたものの、セカンドジャンプは1回転になってしまい、点が伸びません。
他には4回転を狙った人はいませんでしたが、3回転も中々決まらず、「トリプルってこんなに難しかったっけ?」なんて思ってしまうほど。
勿論、私は1回転すら満足に跳べませんが。(^^;)

そう思いつつ、製氷が終わり、いよいよ後半グループ、そして大ちゃん登場!!!
2アクセル、3ルッツ、3フリップ+3トゥループ、そして3アクセルと軽やかに決めていきます。
怪我で1年休んでいたのに、この軽やかさ。素晴らし〜。
そして最後にもう一度「3フリップ+3トゥループ」のコンビネーション…と思いきや、セカンドジャンプを降りたところで転倒。
あらら。
やり直すかな?と思ったけど、第3グループの第1滑走なので、ジャンプの練習はそこで終了。
試合の方はと言うと、練習の最後で転倒したせいか、全体的に慎重になってたようで、アクセルやコンビネーション等は「何とか降りた」というような感じでしたが、とりあえずジャンプは3つとも成功。
「良いスタートを切れたな。さて、スタンディングオベーションだ!」と思ったら、最後のポーズを取るところで転倒。
目が点。
何をやってるんだ?(^^;)

転倒すると、悲鳴などが聞こえる物ですが、この時ばかりは皆ぽか〜んとしてしまい、その後、笑いに包まれてました。
大ちゃん本人が「すんません。すんません。」って感じでぺこぺこしてたし、立ち上がる時には、土下座みたいなポーズになってたし。

ま、ここでこんなアホなミスをしておけば、この後の大事な試合では、最後までちゃんと緊張して滑ってくれるでしょう。
文句なく、断トツの1位でした。

私の席は、テクニカルコントローラー達のすぐ後ろで、双眼鏡を使う必要があるけど、モニターがよく見える場所でした。
大ちゃんのストレートライン・ステップシークエンスと、その次のスピンはレベル2、他は全部レベル3だったかと。

この試合のコーラーさん達は厳しいのかどうなのか、男子では、殆どの選手がフリップに!かeマークを貰ってました。
大ちゃん(高橋)は問題なかったけど、村上君のフリップはeマーク付。
大ちゃんの他は、ブレジナと、もっと下位の2人くらいじゃなかったかな、マークが付かなかったのは。

本人比で、わりと出来が良かったように思えたのは、キャリエール(アメリカ)とベルントソン(スェーデン)。
でも、キャリエールは、もうちょっと点が出ても良さそうに思えたのですが、ずいぶん、レベルの取りこぼしがあったようです。

明日の大ちゃんは最終滑走。
盛り上げて欲しいものです。

明日の試合は、10時半終了予定なので、ホテルに着くのは何時になる事やら。
翌朝5時のバスで空港に向かわないと行けないので、明日の番はレポートを書く余裕が無さそうです。(>_<)
posted by てしー at 06:46| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

『ジャパンオープン2009』

オリンピックシーズンがいよいよ始まります。
先月から、海外では試合も始まってますが、生や映像で見られるのは今日のジャパンオープンが初めて。
プロの選手を除き、他は皆、オリンピックへ向けてのプログラムを見られるわけです。
さて、皆、どんな勝負プログラムを用意してきたのか。

・・・なんか・・・皆、小難しいプログラムを用意してきたような・・・。
こうなってくると、『カルメン』や『ロミオとジュリエット』のような定番プログラムが懐かしくなってくるわ。
(中野)友加里ちゃんの『火の鳥』は、かなり定番曲だけど、パンツルックってのはどうなんでしょ?
あの衣装、小柄な友加里ちゃんにはいまいち似合ってないと思うのだけど。

真央ちゃんのフリーは初公開と言う事で話題にもなっていたけど、昨シーズンに続いて重い曲。(-"-)
どうして真央ちゃんの明るい笑顔を見られるようなプログラムを用意してくれないんだろう。(T_T)
オリンピックでこれを滑られても、あまり盛り上がらない気がするなぁ。

エキシビションのプログラムは、去年のも今年のも好きなんですけどね。

とりあえず、滑走順に簡単に感想を。

【男子】
★コンテスティ
この曲、昔、デュシュネ兄妹が使ってたなぁ。
昨シーズンは、エキシビションかと思うような面白いプログラムだったけど、今年は割と正統派か。
ちょっと面白味に欠けるかな。

★本田武史
正直言って、『アランフェス』は見飽きたんだけど、プロ転向以降の本人比で言えば、結構良い出来だったと思います。
他の選手より、ジャンプの数が少なかったと思うので、TES(技術点)が低いのは仕方ないけど、PCS(演技点)がコンテスティより低いのが悔しい。

★バトル
まだまだ現役で行けそう。
美しい滑りでございました。

★ランビエール
シーズン始めだし、4回転はまだ難しいみたいですね。
相変わらず、トリプルアクセルも苦手みたいだし。
それにしても、PCSがむっちゃ高い!う〜ん…

★小塚崇彦
まだまだ課題が多そうです。
最初のアクセルにコンビネーション付けられなかったので、2つめのに付けるかと思ったら単独で跳んじゃった。
勿体ないなぁ。綺麗に降りてたのに。
この曲も、なんだかいまいち盛り上がりに欠けるんですけど…。
ノーミスで完璧に滑ってくれたら盛り上がるのかなぁ?
小塚君も真央ちゃんも、まだまだ若いし、明るいブロードウェイミュージカルなんて似合うと思うんだけどな。

★アボット
ジャンプの完成度はまだのようですが、ステップとか繋ぎの部分とか中々面白そうで、噛めば噛むほど…的なプログラム。

【女子】

★リャン
6分間練習では特に調子悪そうでもなかったのに、一体どうしちゃったの〜?
トリプルが全く決まらないどころか、2回転でさえ危うい出来。
メンタル的にドツボにハマっちゃったのかしらねぇ。

★グレボワ
サラ・マイヤーが怪我のため、急遽代役で参加する事になったけど、本人比で、かなり良い出来だったのではなかろうか。
ただ、コンビネーションを跳びすぎてたような…。
プロトコルが出てないので確認できないけど。

★中野友加里
冒頭のトリプルアクセルで転倒後、左腕を痛めたのか、その後はしばらくトリプルが跳べませんでした。
一瞬「途中棄権か?」と不安になったほど。
後半、根性でいくつかトリプルを降りてたけど、点は伸びず。
小柄な友加里ちゃんには、ああいうパンツルックは似合わない〜。
普通にスカートの方が良いな。

★ロシェット
冒頭の3-2ジャンプ、綺麗にトリプルを降りたと思ったのに、セカンドジャンプが乱れた。
かなり珍しいミス。
その他は完璧でパーソナルベスト更新。ん?
確かに良い出来だったけど、もっと良いロシェットを見た事がある気がするのに、今日のがPB?

★レピスト
中々良い感じ。
彼女のPB更新。

★浅田真央
冒頭にも書いたけど、重苦しい曲。
しかも今日は、冒頭のトリプルアクセルに失敗。
もう一度跳ぼうと思ったアクセルもすっぽ抜け、苦手のサルコウもやはりすっぽ抜け。
精彩を欠く演技だったので、余計に曲が重苦しく感じられた。
ノーミスなら良い曲に思えるのかなぁ?
そうではあるまい。

夜の『カーニバル・オン・アイス』は、試合で出来が悪かった人も、皆、良かった!!
広い会場で大ちゃん(高橋大輔)の「eye」を観られたのも嬉しかったし、小塚君のEXナンバーも結構好き。
ただし、途中で上着を脱いで、すぐに着て、上手く着れずにもたもたして…という流れは悪かったので、脱ぐなら脱いじゃえ!と思いました。

大ちゃんの「eye」は、去年の『ドリーム・オン・アイス』のを何度も見ていたため、ちょっと薄味になったような気もするけど、まだまだ手直ししていくだろうし、今日の所は綺麗なジャンプを見られただけで充分嬉しいのです。
来週のフィンランディアで、いよいよ試合用のプログラムを見られるのね。
楽しみ〜。
(今はとにかく、台風が来ないか、早く消滅する事を願ってます。10/8に成田を出発するので、飛行機が飛んでくれないと困るのよ〜。(>_<))

ところで、今日の音楽担当は新人だったのか?
美姫ちゃんやレピストがまだ位置に付いてない時点で音楽を掛け始めたりして。
他にも数名、「しょうがないからそのまま滑り始めちゃった」という人が見受けられました。
何やってんだか、もう。(-"-)
posted by てしー at 01:03| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

予想以上に…ひどい…

先週観てきた『THE ICE』のテレビ放映がありました。
旅行に疲れたので、感想を書きそびれてますが、ショーはとっても楽しかったです。

そして、今日の放送を楽しみにしてたのですが、あまりに酷い番組内容で、がっかり。

タイトルに「真央&美姫」とあるから、彼女たちが中心になってるだろうとは思ったけど、ショーなんてほんのちょっとしか見せずに、舞台裏でウエンツを交えての卓球とか、占い部屋とか。

そんなの、『THE ICE』じゃなくたって出来るでしょう!?
海外からも複数のメダリストが来て、彼らとのコラボレーションとか物凄く楽しかったんだよ?
それなのに、何なの?あの番組は。

番組を作ってる人だけが楽しんでる。

中京地区では、ショーのノーカット放送もあるらしいけど、東京(を含む殆どの地域)は、ショーの放送は無いんだぞ!!!
フィギュアスケートの面白さを伝えたいなら、ショーを見せろ〜〜〜。(>_<)
posted by てしー at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

『Dreams on Ice 2009』

19日と21日の夜の部に行ってきました。

ひょっとしたら、大ちゃん(高橋大輔)の復帰公演になるかな?と思って初日のチケットも買いましたが、残念ながらそれは叶わず。
じっくり養生して欲しいから、それはそれで構わないけど、小塚君や真央ちゃんも欠場だったのも寂しかった。
今シーズンは4月まで試合があったから、オフが短くて、次のプログラムを作る余裕が無いので仕方ないですね。

南里(康晴)君も手術したばかりで欠場し、かといって代わりのメンバーが出るわけでもなかったので、シニアの、特に男子は相当寂しい状態になってましたが、ジュニアからシニアに上がってくる選手達が盛り上げてくれました。

特に、マッチー。(町田樹)
プログラム中のジャンプは失敗もあったけど、それ以外にもたっぷり見所のあるプログラムで、もっともっと観たいと思わせてくれました。

女子では、安定度抜群の中野友加里や、初日と楽とでは違うプログラムを見せてくれた美姫ちゃん(安藤)が良かった。
織田君の『オースティン・パワーズ』も、「織田君はこうでなくちゃ。(*^^*)」と言うような楽しいプログラムでした。
今シーズンは、SPもフリーもEXもシリアス系だったので、正直言って、つまんなかったので。

千秋楽のフィナーレ後のジャンプ祭りでは、マッチーが綺麗な4−3ジャンプを披露。
何度かの転倒後だったし、プログラムの中でこれを観られるのはいつになるかわからないけど、綺麗な4回転を降りただけでなく、その後にも綺麗な3回転が付いて、会場内は大盛り上がりでした。
NHK杯の3人目の日本男子はまだ未定のようだけど、マッチーが出てくれたら嬉しいなぁ。
posted by てしー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。